メインイメージ画像

大阪でデリヘルを体験した結果

私は仕事上、出張が多く家族にもさみしい思いをさせている。奥さんと子ども二人いるが平日が休みの事が多く、子どもたちのお遊戯会や運動会など出席がほとんど出来ていない。只、奥さんも子供も理解があり、帰った時には玄関まで抱きつきに来てくれる。今回の出張先は大阪、私はあまりこてこての大阪人が好きではなく、誰もが心の中で土足で踏み行ってくるような感じがして苦手でした。

今回の大阪出張は長期出張となり1カ月ここに居続けなければならなく、そのうちホテルの食事も飽きてきて外食をするようになり、ふらふらと歓楽街を歩いていると、キャバクラやソープ、デリヘルチラシが立ち並ぶ一角に来てしまい「最近全然エロい事してねぇなー」と家族に少し後ろめたい気持ちもありましたが、キャバクラに入ることへ。すぐに席に着いた女の子はtheキャバ嬢みたいな感じで化粧が濃ゆく、まつげバサバサの髪を盛っているおねえちゃんが付きました。何歳?何歳に見える?等と当たりさわりのない会話をしながらお酒を飲んでいましたが、バカわらいする下品な感じの女の子だったので、遠くにいる家族の話をするのも嫌になってきチェンジしてくれないかなーと心の中で思っていると、その子が別の子と交代して新しい子が隣に座ってきた。

先程のバカ女と違って「人の話を引き出すのがうまい」といった感じの子で、ついつい酔ってしまい、出張でこっちに来ている事や家族の事を話してしまいました。その子は意見する訳でもなくただただ私の話を聞いてくれてました。

更新情報